自分から申告しないように

バレるきっかけとは

クレカ現金化という行為自体がカード会社から厳しく取り締まられているという現状は皆さん理解していることでしょう。

カードの利用履歴に不審な買い物の痕跡が数多く見受けられる時は容赦なくカード利用停止の措置が取られてしまいます。

例えばクレジットカードを利用して個人でギフトカードを大量に購入したとすると、何の余地もなく現金化の為だと判断されてしまいます。

そもそも最近ではクレジットカードでギフトカードは購入不可になっていますが、万一購入可能な店舗を発見したとしても、露呈するのは早いので諦めましょう。

カードが止められてしまっては元も子もありません。

言いふらすような事ではない

そのようにして個人で現金化を行っていると、どうしてもカード会社からは疑いの目を向けられてしまいます。

一方でクレカ現金化代行業者を利用することによって、カード会社からは全く疑われることなく現金化する事が出来ます。

普通のネットショッピングと同じ要領で現金化が可能になってますので、これなら安心できますね。

ただ自分から業者を利用して現金化しているなんてことを吹聴してしまってはカード会社にバレるリスクも高まります。

どこからバレるか分からない

軽い気持ちで話したことなのに、いつしかそれがカード会社まで伝わってしまって、カードが使えなくなった・・・。

なんていうケースだって絶対に無いとは言いきれませんので、なるべく他言することは無いようにしましょう。